雀トピックス

”笑顔と元気のあふれる”地域づくりを目指して、全国紙や地方紙で取り上げない地域の生活者が必要とする身近な情報やニュースをご紹介します。

 

雀宮の元気な地域情報を発信しています

2017年

12月

03日

第8回ちゅんちゅんウォーク大会開催

 毎年恒例となっている「ちゅんちゅんウォーク」ですが、今年は雲一つなく好天に恵まれ、雀宮地区市民センターを発着点として、雀宮地域の東西南北全域を舞台に盛大に開催されました。老若男女、約1,750名が3キロ、6キロ、10キロ、15キロのコースを自らの気力・体力に合せて選び、元気よく歩きました。各コースの中間点では、大会協賛業者提供のバナナ、スナック、飲み物が配られ、15キロコースでは昨年に続き、環境学習センターのご厚意で湯茶の接待を受け英気を養いました。   ゴールした市民センターでは婦人会提供の”ちゅん鍋”や自治会で準備したお弁当でお腹を満たし、素敵な賞品が当たる抽選会に臨み、一喜一憂しながら親睦を深めあい、楽しいひと時を過ごしました。

続きを読む

2017年

11月

21日

雀宮地域文化祭・収穫祭 開催

 この上ない好天の下、11月19日(日)、恒例の雀宮地域文化祭・収穫祭が開催されました。今年も雀宮中学校、南高校、工業高校の生徒たちがボランティアとして参加してくれ、若い力で会場を大いに盛り上げてくれました。

 屋外には多くの模擬店が並び、大勢のお客さんが列を作って買い求め、会場の真ん中のステージでは地元の小・中・高生や婦人会、同好会、自衛隊の方々が次々と多くの観客の前で日ごろの練習の成果を披露し、喝采を浴びていました。また、高校生によるバルーンアートコーナー、ミニ新幹線や昔遊びコーナー、栃木ブレックスのマスコットキャラクターブレッキーとシュートチャレンジ等のイベントにたくさんの子どもたちが集まって楽しんでいました。

 屋内会場にも地域内の学校の生徒たちの絵や習字、婦人会、同好会、地域の方々の力作の展示、お茶会、読み聞かせ、わらじストラップの製作指導等が行われ、多くの人々が足を運んでいました。

 天気に恵まれた今年の地域の一大イベント、大成功のうちに幕を閉じました。

 

続きを読む

2017年

11月

20日

「雀宮史跡めぐり」(雀宮文化祭・収穫祭の一環)

 11月19日、雀宮地域文化祭・収穫祭の一環として行われた「雀宮史跡めぐり」は好天に恵まれ、50余名の参加者が、雀宮南部にある郷土が誇る遺跡、古墳及び神社・仏閣を歩いて巡りました。

 参加者は古墳群や官衙遺跡を見て、地元のお宝に強い関心を寄せるとともに、官衙遺跡以外の史跡にも案内標識や説明看板を是非設置して、多くの人に紹介できればとの声が聴かれました。

 「観音堂」では堂守りのご厚意で日ごろは見ることのできない、今から約175年前の天保14年に作られた、悪行を戒める「間引きの絵馬」を拝見でき、意義のある勉強会となりました。

続きを読む

2017年

11月

19日

雀宮中学校創立70周年記念式典

 11月18日(土)雀宮中学校創立70周年記念式典が同校体育館で行われました。雀宮中学校は昭和22年に栃木県河内郡雀宮村立雀宮中学校として現在の雀宮南小学校の敷地内に開校し、その後現在の場所に移りました。記念式典では雀宮中学校の卒業生である来賓が祝辞を述べ、かつての雀宮中学校の様子などが語られました。

 式典の後、雀宮中学校卒業生で、今も針ヶ谷地区に住んでいるシンガーソングライターのせきぐちゆきさんによる記念演奏会が開かれました。ゆきさんの歌のほか、生徒や先生達も舞台に上がって校歌を熱唱する等、生徒たちの胸に一生残るような感動的なステージでした。

 

2017年

11月

13日

第6回南としょかん祭り

 11月12日(日)、秋晴れの下、「南図書館まつり」が開催され、朝早くから多くの人々が訪れ大盛況。約500台駐車できる駐車場も満車状態でした。

 館内では本のリサイクル市、おはなし会、クイズラリー、工作教室などが行われ、大人も子供も楽しんでいました。展示スペースの「古代のインターパーク」の写真展示は現在のインターパークのどこに古代の古墳が埋まっているかが見易く表示され、面白い企画でした。

 ホールでは小、中、高校の生徒がパフォーマンスを行い、大学生のハンドベルの演奏も行われました。館外のスペースではミニソーラーカーやミニ新幹線に乗るため、親子連れの長い行列が出来ていました。芝生広場では野菜・果物の販売、グルメ模擬店が並び、昼時には大変な賑わいでした。

 南図書館は開館して6年、いまや「わがまち雀宮」の文化教養の活動拠点としてなくてはならない存在になっています。

続きを読む

2017年

11月

09日

市民スポーツ大会 グラウンドゴルフ大会準優勝

 11月5日(日)屋板運動場において、第55回宇都宮市民スポーツ大会グラウンド・ゴルフ大会60歳以上の部が開催され、監督を含めて7名3ゲーム(24ホールストロークプレイ)で、32地区の代表チームが熱戦を繰り広げました。

 雀宮地区チームは、3年連続優勝の期待とプレッシャーにも関わらず、413打と好成績を出したものの、惜しくも準優勝となりました。

 優勝は横川地区、3位は河内地区でした。

 賞状と準優勝杯が雀宮地区市民センターに飾ってありますので、ぜひご覧ください。

2017年

11月

03日

輪投げで2大会連続優勝

 雀宮地区老人クラブ連合会の輪投げ大会に於いて、さつき自治会の老人クラブ「さつき長寿会」の輪投げ同好会(代表 枝 守男)が、10月27日宇都宮北駐屯地司令杯と11月1日秋季輪投げ大会に於いて連続優勝をしました。日頃の練習が成果に繋がったと皆さん非常に喜んでおりました。おめでとうございます!

2017年

10月

31日

避難所HUG(避難所運営ゲーム)を実施

 雀宮地区自治会連合会執行部及び雀宮地区市民センターは、平成29年10月13日(金)に避難所HUG(避難所運営ゲーム)を実施しました。

 毎年、日本では7月から10月にかけて接近・上陸する台風が多くなり、大雨、洪水、低地への浸水、暴風などによる被害が発生する場合があります。また、大地震が発生した場合でも、家屋の倒壊や火災などにより被災した人々が避難所での生活を強いられることになります。

 もし地域内で避難所が開設され、その意運営をしなければならない立場になった時、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すればよいのでしょうか。

 避難所HUGは、避難所運営をみんなで考えるためのひとつのアプローチとして開発されたもので、避難者の年齢や性別や国籍、また病気やケガ、ペットの同行などそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

 災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考え、また炊き出し場や仮設トイレの配置などの生活空間の確保、視察や取材対応といった出来事に対して、参加者はお互いの考え方を理解しあいながら、自由に意見を出し合いゲーム感覚で避難所運営を学びました。

 そして、避難所で発生する様々な課題に対応するためには、まずその地域で起こりえるケースを事前に想定し、対応を考えておくこと、受付とは別に避難所運営本部(仮称)の早めの設置が必要であること、また避難所運営には女性の視点・参加が大切であることなどを学ぶことができました。

 

続きを読む

2017年

10月

29日

雀宮の歴史文化を伝承する鈴木源之亟祭り開催

 江戸時代、宇都宮藩の悪政により起こった”もみすり騒動”で自ら犠牲になり多くの農民を救った義人,御田長島の庄屋「鈴木源之亟」を称える鈴木源之亟祭りが10月29日(日)雀宮東小学校体育館で開催されました。地元有志劇団「すずめ座」の演ずるお芝居「鈴木源之亟」はとても素人とは見えない熱演で、観客に深い感動を与えました。加えて、小学校児童の金管バンド演奏や太鼓の曲打ちや踊り・民謡・歌謡ショー等バラエティーに富んだプログラムもあり、悪天候にもかかわらず詰めかけた観客は楽しいひと時を過ごしました。

続きを読む

2017年

10月

28日

雀宮中学校文化祭

 10月28日(土)雀宮中学校の文化祭が催されました。アリーナでは合唱コンクールが行われ、各クラスが ”涙と努力の結晶”の合唱曲を歌いあげました。午後も有志の発表、少年の主張、英語のスピーチ等が行われ、日頃の学習の成果が遺憾なく披露されました。

2017年

10月

22日

雀宮上町自治会親睦旅行実施

 雀宮上町は自治会会員相互の融和親睦を図るべく日帰りのバス旅行を10月21日(土)に実施しました。同行老若交え30名が会津方面を旅して、西会津では童心に帰りリンゴ狩りを体験。その昔東北諸大名が参勤交代に使ったという西会津街道を通り、車中からは紅葉が進む山並みで目の保養をし、着いた大内宿でイワナとネギそばを食し、塔のへつりで史跡遺産の一端を学び、社内ではビンゴゲームに一喜一憂し、カラオケ大会では会員同士が美声を披露、親睦をより一段と深める西会津の旅となりました。

続きを読む

2017年

10月

19日

雀老連スポーツ大会開催

 秋雨前線を老人パワーで吹き飛ばして、絶好のスポーツ日和に恵まれた10月18日(水)、雀宮老人会連合会(関原会長)主催の本年度スポーツ大会が南体育館グランドで盛大に催されました。参加老人会は25クラブ、参加人員約700名が集い、用意された13種目の競技から自分が出来る種目を選び、すっかり童心になって頑張りました。

 珍プレー、好プレーに暖かい声援を受け、元気に生きていることに感謝する大会でした。

 競技がスムーズに進行したのは、陰の力持ち「ボランティア雀のお宿」の皆さんの競技毎の用具の出し入れ等のご支援のお蔭でした。 

続きを読む

2017年

10月

15日

健康・福祉まつり開催

 10月15日(日)雀宮地区健康福祉まつり実行委員会(鹿熊忠治委員長)主催の雀宮地区健康・福祉まつりが開催されました。あいにくの天気でしたが、前日からの主催者の周到な準備のお蔭で混乱なく開催することが出来ました。屋外のパフォーマンスは中止となり、テント内、屋内のイベントのみとなりましたが、多くの来場者で予想以上の盛況でした。特に1階ホールで行われた健康コーナーは人気があり、多くの人々が健康チェックや体操、ゲーム、工作を楽しみました。また、盲導犬普及啓発活動としてPR犬もイベントに参加し、家族連れなど多くの来場者が盲導犬体験を楽しみました。当日は宇都宮市のマスコットキャラクターのミヤリーちゃんも登場し、来場者と一緒に盲導犬体験や健康づくりゲームを楽しんでいました。

続きを読む

2017年

10月

14日

野外体験活動体験を実施

雀宮地区青少年育成会(佐久間昌平会長)は、10月14日(土)野外体験活動会を開催しました。育成会のメンバーで総勢40名弱参加しました。開催時に小雨の為当初計画の一部を変更し、芳賀青年の家から西明寺大門コースを歩き到着後にゲーム等をし点数の合計で良かったチームには、芳賀青年の家より頂いた特製のメダルを表彰式で手渡しました。午後からは、地元の「陶苑」で茶碗に絵付け体験をしました。出来上がりは一ヶ月後で皆さんどんな出来栄えか楽しみにしております

続きを読む

2017年

9月

28日

第12回交通安全グランド・ゴルフ大会

9月26日(火)秋の交通安全旬間のなか、宇都宮南警察署・宇都宮南交通安全協会主催によるグランド・ゴルフ大会が「屋板運動場」において管内8支部(瑞穂野、横川、姿川、雀宮、緑が丘、五若、陽南、陽光)208名が、グランド・ゴルフ競技を楽しみながら、交通安全意識の高揚を図り交通事故を防止することを目的とした特別ルールでプレーをして、上位10名(雀宮支部男性3名)が表彰されました。最後に南警察署長から、この大会を機に交通ルールを守り、交通マナーを実践して高齢者が交通事故にあわないよう訴えました。

続きを読む

2017年

8月

03日

雀宮納涼盆踊り大会

 8月2日、恒例の雀宮納涼盆踊りが陸上自衛隊 宇都宮駐屯地特設会場で開かれました。地元自治会と自衛隊との協賛で開かれるこの盆踊り大会は今年で60回目です。当日は心地よい夜風が吹き渡る絶好のお祭り日和で、例年よりも多くの人々が会場を訪れて思い思いに祭りを楽しんでいました。

 自衛隊員による野州雷太鼓の演奏の後、日光和楽踊りの盆踊りが始まり、最後にお待ちかねの花火が打ち上げられ、スターマイン等が夜空に花を咲かせました。

 

続きを読む

2017年

7月

23日

宇都宮市消防団夏期点検

 7月23日(日)、時折雨も降るあいにくの天気の中、宇都宮市消防団夏期点検が市内各地で開催されました。

 雀宮東小学校校庭では、横川、瑞穂野、雀宮地区の分団員326名が集まり、消防団の管理者である佐藤宇都宮市長の訓示を受け、人員および服装、機械器具、操法点検の3項目について点検を受けました。

 操法点検では、どの分団も日々の訓練の成果として素晴らしい操法を披露しており、点検の結果、どの項目も極めて優秀との講評を受けていました。

 消防団の皆様、お疲れさまでした。

続きを読む

2017年

7月

10日

環境点検活動実施

 宇都宮市では安全安心なまちづくりのため、地域の安全は地域で守ろうと、各地区で「環境点検活動」を行っています。雀宮地区は7月9日(日)16時から地区市民センターに地域住民131人が集まり、趣旨説明を受けた後、夕方になっても30度を超える暑さの中、雀宮地域を8つに分け、十数人ずつのグループで地区を歩きながら、主に通学路の危険個所をチェックして回りました。

 その後、再び市民センターに戻り、各班ごと危険箇所の発表をしました。この結果は警察、宇都宮市、自治会に報告され、緊急性の高い箇所から順次対処されます。

 

続きを読む

2017年

7月

08日

雀宮映画祭を南図書館で開催

7月8日(土)南図書館サザンクロスホールにて「第9回雀宮映画祭」(主催:雀宮映画祭実行委員会 委員長 藤井夏江)が開催されました。開場前から入場口に行列ができるなど会場は満席となり、多くの人々で賑わいました。

 今回は、不況に苦しむ過疎地の町を舞台に、70代、80代の女性たちが中心となって、山で採れる葉っぱを料理の「つまもの」として販売する事業を展開し、町や人々が潤いを取り戻す感動の物語「人生、いろどり」を上映いたしました。

ご覧になった方からは、「感動と勇気をもらえ、すばらしい作品でした。」などの感想をいただき、たいへん好評でした。

 

 次回の雀宮映画祭は、12月18日(月)午前10時から雀宮地区市民センターを会場に「報道ドラマ 生きろ ~戦場に残した伝言~」を上映する予定です。

続きを読む

2017年

7月

07日

雀宮神社夏祭り開催

 梅雨の晴れ間の7月2日、伝統ある雀宮神社の夏祭りが開催されました。まず、拝殿で厳かに古式ゆかしい「夏越の祓い(ナゴシノハライ)」(今年前半の穢れをおとし、後半年の健康と厄除け祈願)を行い、次いでお神輿のお祓いをしてから、粋な姿の担ぎ手に担がれたお神輿が威勢の良いかけ声高く、日光街道に繰り出し、沿道の声援を受けて練り歩きました。途中、休息をしながら日光街道を南下、市民センターまでとJR雀宮駅から雀宮神社へ3時間半かけて練り歩きました。

続きを読む

2017年

6月

11日

塚山古墳群の最後の除草ボランティア

 塚山古墳群愛護会(木村精輔会長)は6月11日(日)好天の下、若松原中学校先生2名と生徒24名のボランティア、市文化課からの応援を得て愛護会のメンバーが除草作業を実施しました。

 このたび、塚山古墳群の中の南古墳、北古墳及び周辺の土地約2haを地主さんが宇都宮市に寄付されたために、今後は市が管理することになり、平成7年以降22年間実施してきた愛護会主体の除草・植樹・消毒の作業が今回で最後となりました。

 22年前の南、北古墳周辺は人の背丈ほどの雑草が生い茂っていましたが、除草し、桜を植え、手入れをし、遊歩道を整備したお蔭で今では花見の名所になりました。

 愛護会(現在会員58名)は今後も存続し、この「地域の宝」を見守っていきます。

 

続きを読む

2017年

6月

03日

「花いっぱい運動」で明るい雀宮を

雀宮地区青少年育成会(佐久間昌平会長)は、6月3(土)雀宮地区センターで「花いっぱい運動」で花苗を配布しました。

受け取った花苗は、地域住民と一緒に植えたり、子供だけで植えていたりしていました。7月下旬には審査があり、9月には表彰式があります。今から楽しみにしております。

2017年

5月

20日

雀老連歩け歩け大会開催

 5月20日(土)、雀宮老人会連合会主催(関口達郎会長)の「歩け歩け大会」が、真夏を思わせるような日差しの下、雀宮地区東部の早苗が風にゆれる田園地帯で行われました。183名の参加者は各々の体力・気力に合わせ、4キロ、6キロを選び、元気いっぱいに市民センター駐車場を出発し、全員何とか無事にゴールました。

 ゴール後は主催者提供の心づくしのおにぎりを頬張りながら、抽選会に一喜一憂し、楽しいひと時をすごしました。

続きを読む

2017年

5月

07日

雀宮地区文化交流会 開催

 5月6日(土)南図書館サザンクロスホールにて、雀宮地区文化交流会主催の「詩吟・民謡・舞踊・三味線・フラダンス」の発表会が開催されました。出場10団体の出演者200余名は佐藤宇都宮市長をはじめ、多くの来賓、市民でほぼ満席の観客の前で堂々と日頃の練習の成果を披露しました。

続きを読む

2017年

5月

07日

レンゲ祭り開催

 五月晴れの5月5日のこどもの日、雀宮地区村づくり推進協議会主催で恒例の下反町町公民館東側のレンゲ畑を会場に恒例のれんげ祭りが、多くの子供連れの参加を得て開催されました。子供たちは、可憐なれんげの花咲く会場いっぱいに散らばり、宝探しに熱中したり、ビンゴゲームに一喜一憂したり、綿菓子をほうばったりしていました。最後は参加者全員が青空の下、婦人部心づくしの豚汁と赤飯に舌鼓を打ち、心和むひと時を過ごしました

続きを読む

2017年

4月

24日

雨にも負けず「雀宮夜祭2017ハル」開催

 雀宮の活性化を願って、地元の有志グループ「群雀(むらすずめ)プロジェクト主催の「夜祭2017ハル」が22日夕暮れ時、JR雀宮駅前通りの雀の宮歯科医院前広場を中心に通りの一部区間を歩行者天国にして開催されました。今回で4回目を迎え、すっかり地元に定着した感があり、あいにくの雨模様にも拘らず多くの人出で盛会でした。

 両側の歩道に46店舗が出店し、花や飲み物、食べ物を売り、特設ステージではジャズなどの生演奏が行われました。人々は傘を差してベンチで飲んだり、食べたり、おしゃべりしたりして楽しんでいました。当日は雨のため恒例のキャンドル点灯は中止になりました。

続きを読む

2017年

4月

17日

陸上自衛隊宇都宮駐屯地創立記念行事開催

 絶好の行楽日和となった4月16日、陸上自衛隊宇都宮駐屯地創立67周年記念行事が駐屯地を一般開放し盛大に行われました。

 式典では駐屯地司令による熊本大地震や雪崩事故の際の自衛隊の活動報告や、県知事の「人命救助等その活動は地域に大きな安心を与えている」との祝辞が代読され、次いで駐屯各部隊の観閲行進と模擬戦が車両約70台、ヘリコプター5機を投入し、会場を埋めた観客に披露されました。

 桜吹雪の舞う広い会場内では模擬店、武器・車両展示、琴演奏、お茶の野点などが随所で催され、訪れた家族連れなどが思い思いに記念祭を楽しんでいました。

続きを読む

2017年

3月

21日

第2回このまちが好き!雀宮学校音楽祭 開催

 3月18日(土)、雀宮地域で学ぶ小学校(4校)、中学校(2校)、高校(2校)の計8校の生徒、11団体307名が南図書館サザンクロスホールに一堂に会し「雀宮学校音楽祭」(雀宮学校音楽祭実行委員会主催)が盛大に開催されました。

 生徒たちは日頃の練習の成果を遺憾なく発揮し、堂々としたパフォーマンスを見せてくれました。

 朝早くから会場に詰めかけた多くの観客はその素晴らしい演奏や合唱に惜しみない声援と拍手を送り、最後は舞台、客席一体になって、唱歌「ふるさと」を合唱し、盛会を喜び合いました。

続きを読む

2017年

3月

12日

わがまち雀宮を考えるワークショップ 開催

 雀宮地区まちづくり推進協議会は3月11日(土)、明るく活気ある雀宮の未来のために意見を出しあうワークショップを開催しました。約30名の参加者は、センターでの簡単な説明の後、町に出て雀宮の歴史遺産(雀宮宿跡)と新しく生まれ変わろうとしているJR雀宮駅周辺を散策。現状を把握してから、センターに戻り5つのグループに分かれて、主に雀宮駅周辺地域をどう発展させれば良いかの意見を出し合い、発表しました。

 今回のワークショップは短い時間でしたが、司会者の適切なアドバイスにより、参加者の積極的な意見発表が引き出され、具体的なアイデアも多く、実り多いものになりました。

続きを読む

2017年

3月

06日

地区防災訓練実施

 好天に恵まれた3月5日(日)雀宮市民センターに於いて、雀宮地区防災会(稲葉会長)主催の防災訓練が消防団・総括支援センター・隊友会(自衛隊OB)等の諸団体の連携協力で、各自治会代表、民生委員などから約300名が参加して実施されました。また雀宮中学の生徒、23名がボランティアとして参加し、各々の役割で活躍しました。

 訓練内容は、救出救護・応急処置救護・起震車地震、煙道体験・消火器や三角バケツによる初期消火・資機材の取り扱い等の体験・炊き出し給食・消防団による土のう作り指導、放水消火のデモンストレーションと多岐に亘りました。

続きを読む

2017年

2月

19日

夢と感動を呼ぶ「ちゅんちゅん子どもフェスタ」開催

 2月19日(日)雀宮地区市民センターに於いて「第16回ちゅんちゅん子どもフェスタ」が開催され、雀宮地域内の各小、中学の代表が日頃の鍛錬の成果を住民に披露しました。

 また、自治会連合会、青少年育成会の方々が模擬店、楽しい遊びのコーナーを設け、会場は子供たちやわが子の成長を喜ぶ親たちの笑顔に花が咲きました。これからの雀宮を担っていく子供たちを応援するこのイベントには多くの人々が訪れ、暖かい声援をおくり、大盛況のうちに終わりました。

続きを読む

2017年

1月

15日

「ちゅんちゅんさわやかスポーツクラブ・雀宮」 設立2周年記念大会開催

 ちゅんちゅんさわやかスポーツクラブ・雀宮の設立2周年記念大会が、この冬一番の寒波が日本中を覆う1月15日、雀宮体育館及び地区市民センター南館で行われました。約90名の会員達がウォーキング、ソフトバレーボール、バドミントン、卓球、グランドゴルフ、輪投げ、健康マージャンの各種目で楽しく競技し、親交を深めました。閉会式では各競技の優秀者や切りの良い順位の人、ブービー賞、籤に当たった人が商品のお米やティッシュペーパー等の賞品を贈られました。また、婦人会心づくしの温かいちゅんなべも振る舞われ、和気藹藹のうちに大会を終えることが出来ました。

続きを読む

2017年

1月

13日

夜空焦がす炎! 雀宮東小どんど焼き

 雀宮地区の伝統行事となっている雀宮東小「どんど焼き」が1月13日に開催されました。

 

 PTAの皆さんが7日に「やぐら」を作り、13日の午前中には、種まきから田植え、稲刈り、脱穀と、収穫の喜びを体験した「もち米」を使い、全校児童が「まゆ玉」作り、地域の人たちにも分けました。

 

 今年は、教室増築工事中で校庭が狭いため、例年より「やぐら」を小さめに作ったそうですが、正月飾りの持ち込みが多く、盛大などんど焼きとなりました。

 

 地区内外から集まった大勢の人で賑わい、各々1年間の無病息災を願って「まゆ玉」を火にかざしていました。

続きを読む

2017年

1月

08日

新たな門出へ地区でお祝い 雀宮中学校区成人式開催!

  雀宮中学校区成人式が、1月8日にホテルニューイタヤで開催されました。  

 式典には174名の新成人が出席し、厳粛な空気の中、新成人の渡辺悠介さん、市村陽路子さんが、会場の新成人代表として家族や恩師をはじめ地域の皆さんへの感謝の気持ちを伝え、未来に向けた力強い抱負を誓いました。  

 式典後は新成人を応援する地元企業・団体の協賛により地域交流事業を行い、中学生の頃の動画や様々なアトラクションに、当時を思い出しながら大いに盛り上がりました。 

 新成人のみなさん、おめでとうございます!

続きを読む

2016年

12月

22日

師走の恒例「暮れ市」開催

 毎年12月20日は曜日に関係なく「暮れ市」が開催されます。今年も雀宮市民センター周辺の道路を歩行者天国にして、雀宮商工会(高橋行男会長)主催で行われました。おなじみの縁起物の福ダルマ、駄菓子、おもちゃ、食べ物等の露店に地元農家の新鮮な野菜、フリーマーケットも加わり、道行く人が足を止めていました。

続きを読む

2016年

12月

07日

第7回 雀宮ちゅんちゅんウォーク大会

 絶好のスポーツ日和の12月4日(日)雀宮全域を舞台に、師走の恒例となった「ちゅんちゅんウォーク」が開催されました。高齢の方から乳母車に乗った幼児まで延べ約1600人が、各自の体力に応じ、15k・10k・6k・3kのコースを選び、雀宮地区市民センターを出発しました。

 15kコースでは環境学習センターで思いがけないコーヒー・紅茶のおもてなし、3kコースでは南図書館のゆるキャラ「みなみちゃん」がお出迎え。ちゅんちゅんウォークが地元に密着したイベントに育ってきたと感じました。

 辿り着いたゴールにはかんぴょうの入った婦人会提供の「ちゅんなべ」の接待があり、当日は暖かったこともあって、抽選会には多くの人々が残り、発表される当たり番号に一喜一憂していました。

続きを読む

2016年

11月

26日

ちゅんちゅんウォークコースのごみ拾い実施

 

 雀宮まちづくり推進協議会(稲葉豊会長)は環境部会と合同で、26日に12月4日(日)にちゅんちゅんウォーキングが行われるコースのゴミ拾いを実施しました。メンバーは、3k・5k・10k・15kのコースを1時間かけて、道路に捨てられている煙草の吸殻・ペットボトル・缶などを拾い集めました

2016年

11月

21日

雀宮上町自治会防災訓練

 11月20日(日)午前中、上町(かみちょう)自治会(増渕会長)は、樹木を整枝してすっかり明るくなった雀宮神社境内で自治会会員約90名が参加して本年度の「防災訓練」を実施しました。雀宮消防分団の指導を受けた「消火器の使用法」と非常時の「炊き出し」訓練を実地に行いました。

続きを読む

2016年

11月

14日

「南としょかん祭」開催

 11月13日(日)南図書館で「第5回南としょかん祭」が催され、多くの人が訪れ、終日賑わいました。「まつり」では子供から大人まで楽しめるイベントが企画され、どのブースも盛況でした。午前中開催された「歴史講座・雀宮宿跡」は地域の昔を知る絶好の機会とばかりに多くの歴史マニアや地元の住民が詰めかけ満席になり、皆、講師の発掘調査報告に熱心に耳を傾けていました。

 南図書館は宇都宮市で5番目の図書館として開設以来、JR雀宮駅前という地の利もあって、着実に利用者を増やし、今日では一日平均約2,500人の来館者があり、「わがまち雀宮」にとって文化・教養の発信源ともなっています。

続きを読む

2016年

11月

07日

「史跡めぐり」(地域文化祭一貫)

 雀宮地域文化祭・収穫祭の名物イベントで毎年好評の「史跡めぐり」に約50名の市民が参加して、今年は羽牛田→細工瀬→東谷→下横田→御田長島の各地に点在する古墳や神社等の文化財を訪ね勉強しました。日ごろ付近を通っても気づかない所に思いがけない貴重な文化財の存在を知り、雀宮地域の文化の奥深さを再認識しました。

続きを読む

2016年

11月

07日

雀宮地域文化祭・収穫祭

 11月5日、6日、秋空晴れて天高い絶好の天候の下、「雀宮地域文化祭・収穫祭」が地域内の学校・各種団体、サークル及び一般市民が参加して盛大に開催されました。5日は丹精込めた作品の屋内展示を主体に、6日は展示に加え、数々のアトラクション、模擬店、野菜の直売等を目当てに多くの市民が来場し、見たり、食べたり、買ったり、体験したりして終日大変賑わいました。

続きを読む

2016年

10月

21日

青少年育成会 野外活動体験会開催

 10月16日、雀宮青少年育成会(佐久間昇二会長)は、野外活動体験会を開催し、育成会のメンバー総勢40名が参加しました。

 まずは県立なかがわ水遊園内の味わい工房にて、田舎まんじゅう作りを体験しました。初めての体験ながら、仲間たちと協力しあい、立派なまんじゅうが完成し、蒸したての仲良く頬張りました。

その後、水遊園を見学し、身近な川にも生息する魚から南米アマゾンに生息する巨大な魚まで、様々な魚の生態を観察しました。

 みんなでお昼を食べ、ゲーム大会で盛り上がり、楽しい秋の1日を過ごしました。

続きを読む

2016年

10月

21日

宿場祭・夜祭アキ開催

10月15日、地域の人が集い、一緒に賑わえる場所を作りたいという思いから誕生した「群雀(むらすずめ)プロジェクト」主催のイベント「宿場祭・夜祭アキ」が雀宮歯科医院前広場で開催されました。

今回、初めて昼間からの開催となり、全国各地でプロレスを通じていじめや児童虐待の撲滅に取り組んでいるプロレス団体「ゼロワン」による慈善無料マッチが行われ、来場者はプロレスラーの迫力ある闘いに熱い声援を送っていました。

続きを読む

2016年

10月

16日

雀宮地区自治会対抗ソフトボール大会開催

10月16日(日)澄み切った青空の下、グリーンパーク茂原グランドで、自治会対抗ソフトボール大会が4チームが参加して開催されました。試合形式はトーナメント方式・時間制(1試合60分)でグランドを2面使用し、熱戦を繰り広げました。優勝は茂原チーム、準優勝は高砂北でした。参加者は高校生から70過ぎの高齢者まで、和気藹藹とプレーし、年齢に応じた好プレー、珍プレーの応酬で楽しい大会でした

 

続きを読む

2016年

10月

12日

雀老連スポーツ大会開催

 秋空晴れて天高い絶好のスポーツ日和に恵まれた10月12日(水)、南グランドで「雀宮老人クラブ連合会スポーツ大会」が25団体約650名が参加して盛大に開催されました。最高齢は93歳それも2名です。参加者はグランドに立った途端、童心に帰り楽しく体を動かしていました。日ごろ屋内に留まりがちな高齢者が、終日青空を仰ぐだけでも健康維持に有意義な大会でした。           

続きを読む

2016年

10月

10日

地域安全運動パレード出発式

10月8日(土)、小雨の降る中、地域安全運動パレード出発式が雀宮市民センター駐車場にて行われました。宮環のカワチ薬品駐車場を10時に出発したパトカーやお囃子の山車はアピタで広報活動をした後、江曽島→南警察→さつき団地を通り雀宮市民センターに11時半ごろ立ち寄りました。青パト隊旗を陽南地区防犯パトロール隊から引き継ぎ、式典後、パレードはインターパーク方面に出発しました。その後、出席していた各小学校区の住民代表たちは「地域安全運動実施中」の旗を掲げて小学校方面へ徒歩で巡回パトロールに出発して行きました。

続きを読む

2016年

10月

06日

雀宮東小「のみどり活動」稲刈り

 9月30日、オープンスクールの中で、生活科及び総合的な学習の時間等に位置づけ、PTA、地域(のみどり隊)の皆さんの支援をいただきながら、稲刈りと昔ながらの足踏み脱穀機を使い、1校時は3年生・4年生が、2校時は6年生が1年生に「ノコギリカマ」の使い方を教えながら刈り取り、3校時には5年生・2年生が稲刈り、脱穀作業を行った。

続きを読む

2016年

10月

03日

雀宮地区 健康福祉まつり

 10月2日(日)雀宮地区市民センターで健康福祉まつりが開催され、多くの入場者で賑わいました。季節は秋なのに、夏のような強い日差しの下、屋外ではバザー、模擬店、チャリティー包丁砥ぎ、ビンゴゲーム、農産物販売、雀宮で活動する各種団体のパフォーマンスが行われ、屋内1階では健康に関する測定、チェック、相談、クイズ、ゲーム等、2階では手話教室、地区内高齢者や小学生の作品展が開かれていました。

 雀宮中学校からは約30人の生徒たちがボランティアとして各コーナーで活躍していました。

 宇都宮のマスコットキャラクターのミヤリーちゃんや賢い盲導犬も皆に人気でした。

続きを読む

2016年

9月

23日

避難所HUGを開催しました

雀宮地区自治会連合会執行部及び雀宮地区市民センターは、平成28年9月14日(水)避難所HUG

(避難所運営ゲーム)を実施しました。毎年日本では、7月から10月にかけて接近・上陸する台風が多くなり、大雨、洪水、低地への浸水、暴風などによる被害が発生する場合があります。また、大地震が発生した場合でも、家屋の倒壊や火災などにより、被災した人々が避難所での生活を強いられることになります。もし、地域内で避難所が開設され、その運営をしなければならない立場になったとき、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すれば良いのでしょうか。避難所HUGは、避難所運営をみんなで考えるためのひとつのアプローチとして開発されたもので、避難所の年齢や性別や国籍、また、病気やケガ、ペットの同行などそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを

模擬体験するゲームです。この避難所HUGを体験した結果、避難所で発生する様々な課題に対応するためには、先ずその地域で起こり得るケースを事前に想定し、対応を考えておくことが重要であること、受付とは別に避難所運営本部(仮称)の早めの設置が必要であること、また、避難所運営には女性の視点・参加が大切であることなどを学びました。

2016年

9月

21日

長寿を祝い、永年の社会貢献に感謝する「敬老祝賀会」

雀宮地区社会福祉協議会(鹿熊忠治会長)は、9月10日(土)南図書館サザンクロスホールにおいて、雀宮地区内の75歳以上の高齢者190名を招待し、本年度の「敬老祝賀会」を開催しました。

 第1部の式典では、100歳を迎えられた4名の方々に内閣総理大臣及び栃木県知事からの祝詞、記念品が贈られ、また、来賓の皆様、児童代表よりお祝いの言葉が贈られました。 

 第2部では、宇都宮シルバーアンサンブルの演奏「悠々コンサート」が行われ、招待者は、郷愁を誘う数々のメロディーに口ずさみ、盛大に終了いたしました。

 今年度100歳を迎えられました方は、鈴木勇様(宮の内自治会)、吉沢シケ様(新富町自治会)、高石ナヲ様(さつき自治会)、山崎フヂ様(下原自治会)の4名の皆様です。

 

続きを読む

2016年

9月

03日

花いっぱい運動表彰式!

 

 雀宮青少年育成会(佐久間昇二会長)は、「花いっぱい運動の表彰式」を9月3日(土)に、センターホールで行いました。花いっぱい運動は、参加した15育成会に6月4日(土)に花苗を配布し、7月30日(土)に自治会連合会会長・副会長・雀宮センター長・副センター長・育成会メンバーの9名が、協力度・日誌・花壇について審査を行いました。その結果は最優秀賞(優勝)「日の出通り育成会」 優秀賞「青空育成会」優良賞「茂原団地育成会」

頑張ってるで賞「茂原東・中育成会」「さつき育成会」「上原団地育成会」「中島町育成会」アイデア賞「生協団地よつば会育成会」「宮の内育成会」日誌が良くできたで賞「東谷町育成会」「下原育成会」「針ヶ谷栃の葉育成会」功労賞「西田自治会」「高砂西友自治会」「雀宮緑化ボランティアの会」に決まりました。

続きを読む

2016年

8月

27日

雀宮映画祭を南図書館で開催

 8月27日(土)南図書館サザンクロスホールで今年度最初の「雀宮映画祭」(主催:雀宮映画祭実行委員会 委員長 藤井夏江)開催されました。台風の余波で雨が強く降る中、来場した多くの人々が並んで開場を待ちました。

 今回の作品は「サクラサク」でさだまさしの短編小説を映画化したものです。認知症になった父親の記憶を取り戻そうと旅に出た家族が、その過程で冷え切ってしまったお互いの関係を見直していくという心温まる映画でした。

 次回の映画祭は雀宮地区市民センターにて行われる予定です。

続きを読む

2016年

8月

26日

権現山遺跡発掘調査現地説明会

 新潟大学人文学部考古学研究室(橋本博文教授)が2010年度から東谷地区にある「古墳時代中期・5世紀中ごろの豪族居館跡権現山遺跡」の発掘調査を4年間にわたって断続的に実施して多くの成果を収めてきましたが、さらに西側居館の南西部の様相を確認するため、本年度も調査を実施。調査期間中に相次ぐ台風・雷雨で作業は難航しましたが、概ね初期の目的を達成し、8月24日(水)「現地説明会」を開催して成果を発表しました。

 今回の調査区域から出土した土器のうちの1個(須恵器筒形器台柱状部の破片)が極めて珍品で、当時住んでいた豪族が3代にわたってこの須恵器を使った祭祀を行ったと考えられます。また、焼き方や土質から豪族しか持てない高級な須恵器で、近畿地方の大王が地方の豪族に配布した可能性が高いなど、極めて貴重なものと考えられます。

続きを読む

2016年

8月

19日

木村拓也のお天気コーナーロケ隊がやって来た

 フジテレビのアナウンサー、木村拓也さんが日本橋から日光東照宮まで日光街道を人力車を引いて毎日各宿場を訪れ、訪問先を紹介しながら、天気予報を生中継する番組が8月19日(金)日本橋から数えて16番目の雀宮宿にやってきました。

 雀宮は梨、イチゴ、かんぴょうが特産ですが、今回は針ヶ谷下坪の、梨を作り始めて25年になる青柳圭補さんの梨園から栃木の自慢の巨大な梨「にっこり」の紹介しました。

 フジテレビの夕方のニュース番組「みんなのニュース」の中の16:40~48、17:29~32、18:46~48の3回のお天気予報のために番組スタッフは昼過ぎから現場で準備を始め、リハーサルを繰り返し本番に備えていました。直前の呼びかけにも拘らず真夏の日差しの下、550人以上の地域の方々が集まり、3回の放送で延べ1100人の人々が観衆として番組に参加しました。

続きを読む

2016年

8月

01日

茅の輪くぐりと新清流五段囃子に花屋台(御田長島町)

7月31日(日)御田長島町の高尾神社の夏祭りが催されました。この神社は「農の神を祀る」この地区の鎮守様でお祭りは豊作を祈って行われるものです。境内では茅の輪くぐりが行われ、古くからこの地区に伝承される新清流五段囃子の音に合わせて花屋台が地区を練り歩きました。

(注)農(田)の神:日本の農耕民の間で稲作の豊凶を見守り、豊穣をもたらすと信じられてきた神。

続きを読む

2016年

8月

01日

薬師堂1万灯祭り(東谷町)

7月30日(土)16時から東谷町の笹塚古墳後円部墳頂に祀られている薬師堂に町内の善男善女が集い、一万灯(提灯)を参道に飾り、上三川町の感應寺住職のお念仏を頂いてご先祖の供養を行い、併せて家内安全と交通安全を祈願しました。

続きを読む

2016年

7月

17日

市民総ぐるみによる環境点検を実施

 7月17日(日)、雀宮地区防犯協会(唐沢照雄会長)を中心に、自治会・育成会などの各団体、警察・消防・学校などの関係機関、総勢約100名が参加し、「市民総ぐるみによる環境点検」を実施しました。

 参加者は小学校区ごとの班に分かれ、歩いて地区内の道路や公園、空き家などの危険箇所を点検しました。

 点検後は全員で集まり、班ごとに問題個所を発表しました。指摘のあった箇所については、関係機関や該当地区の自治会等へ対応をお願いしていきます。

続きを読む

2016年

7月

16日

命を救う技術を学ぶ!救命講習に参加

 雀宮地区婦人防火クラブ(南部照子会長)では,家庭や地域の防災力を高めるため,防災や救命に関する様々な講習に参加しています。 

 今回は7月16日に宇都宮市南消防署で開催された普通救命講習に,3名が代表して参加し,AEDの使い方や心肺蘇生術など,人命救助に必要な技術を学びました。

 学んだ技術をいざという時に実践できるよう,今後も訓練を続けてまいります。

続きを読む

2016年

7月

11日

雀宮神社夏祭りお神輿渡御

梅雨の晴れ間の7月3日、伝統ある雀宮神社の夏祭りが今年も盛大に催されました。お神輿渡御の前に拝殿で厳かに古式ゆかしい「夏越し(なごし)の祓い」(今年前半の穢れをはらい落とし、後半年の息災を祈願)を行い、神輿のお祓いをしてから、粋な姿の担ぎ手に担がれた神輿が威勢のいい掛け声高く、日光街道にくり出し、沿道の人々の声援を受けながら市民センターまでゆっくりと練り歩きました。

続きを読む

2016年

7月

05日

第37回雀宮地区体育協会バトミントン大会を開催!

 6月26日、雀宮体育館において雀宮地区バトミントン大会が開催され、一般の部とジュニアの部、あわせて16クラブ72チームが参戦しました。試合は日本バトミントン協会ルールに準じて、技術を考慮して男女別A~Dブロックに分け実施(90歳の選手もいました)したほか、ジュニアは小学生高学年と低学年に分け対戦しました。(小学1年生選手もいました)

 

一般の部 11クラブ

   雀羽朋C 茂原C 月曜C 五若C 竹の子C 雀BC SBC さつきシャトルC

   大和電気C ちゅんちゅんC 雀中C

 

ジュニアの部 5クラブ

   雀BC 五代C 雀中央C 壬生JBC 石橋JBC

 

試合結果

一般の部(ダブルス)

 男子A ①赤羽 河田(五若C) ②武田 武田(五若C) ③野口 永嶋(五若C)

      ③菅野 佐藤(茂原C)

 男子B ①末柄 古味(竹の子C) ②青木 園部(月曜C) ③井上 神長(竹の子C)

      ③仲田 久保野(月曜C)

 男子C ①藤本 野口(茂原C) ②磯 角野(月曜C) ③鈴木 日向野(茂原C)

      ③田中 大橋(SBC)

 一般D ①高橋 篠崎(雀中) ②後藤 中村(雀中) ③佐藤 荒木(雀中)

      ③中西 中西(五若C)  

 女子A ①石崎 峰岸(五若C) ②清水 霧生(さつきシャトルC) 

      ③青柳 武田(雀BC) ③花園 渡邊(茂原C)

 女子C ①三浦 根岸(月曜C) ②石岡 助川(月曜C) ③星 片野(茂原C)

      ③樽井 磯(月曜C)

 

ジュニアの部(ダブルス)

  ジュニアA ①増渕 大石(雀BC) ②橋本 野口(壬生JBC)

       ③中西 武田(五代C) ③舘野 加藤(壬生JBC)

  ジュニアB ①馬篭 君島(壬生JBC) ②猪田 森山(石橋JBC) 

       ③佐藤 浅田(雀BC) ③菅 福田(壬生JBC)  

 

続きを読む

2016年

6月

17日

平成28年度雀宮地区まちづくり推進協議会総会を開催

  平成28年6月17日(金)、「平成28年度雀宮地区まちづくり推進協議会総会」が雀宮地区市民センターホールにおいて、開催されました。  

 当日は、雀宮地区の各自治会長、各種団体など多くの関係者が集まり、「平成27年度事業報告及び決算報告」、「平成28年度事業計画及び予算」、「役員の変更」などの議案が審議され、すべて承認されました。   

 また、雀宮地区のまちづくり事業に貢献した功績を称え、功労団体1団体、功労者3名が表彰されました。

続きを読む

2016年

6月

14日

雀宮宿跡 発掘調査説明会

6月12日(日)下野市紫にある栃木県埋蔵文化財センターで、道路拡張工事に伴い実施された雀宮宿跡の発掘調査説明会が開催されました。

      -説明の概要ー

調査はJR雀宮駅周辺と国道交差点付近の2ブロックで実施。

 駅周辺からは、平安時代初頭の須恵器(すえき)や土師器(はじき)が出土したことから、雀宮駅周辺には平安時代の遺跡が広がっている可能性が大きい。

 国道との交差点周辺では、雀宮宿の問屋と名主を兼ねていた芦谷家で地下室跡が見つかり、そこから多くの近世(安土桃山時代16世紀~江戸時代19世紀半ば)と近代(明治維新~昭和前半)の陶磁器が出土した。また北隣の旅籠(はたご)を営んでいた家(松野家)の地下室も確認され、多くの近世から近代の陶磁器が出土した。また、室町時代(約600年前)の陶器も発見され、この地域には早くから人々が居住していたと思われる。

続きを読む

2016年

6月

11日

宇都宮市消防団消防操法大会で腕前披露!

 梅雨の晴れ間のもと、屋板運動公園にて宇都宮市消防団消防操法大会が開催されました。消防操法として、ポンプで給水した水を火災現場に見立てた的へと放水し、機材を撤収するまでの一連の手順について、操作の速さ、正確さを競いました。

雀宮地区から出場した団員の皆さんは、休日や夜間など仕事の傍ら厳しい練習を重ねた成果を発揮し、見事な操作技術を披露しました。

 

続きを読む

2016年

6月

05日

「花いっぱい運動」で笑顔満載到来!

 雀宮地区青少年育成会(佐久間昌平会長)は、6月4日(土)雀宮地区センターにて「花いっぱい運動」で花苗を配布しました。今年はマリーゴールド(オレンジ)・マリーゴールド(黄)・日日草・プロピージョン・サルビアの5種類です。自治会のメンバーに教わりながら一緒に植えたり、親子だけで苦戦しながら植えたりと、皆さん和気相愛と楽しく植えてました。初めてという親子は、仲間から教えてもらいながら丁寧に植えてました。多くの子どもは、「綺麗に咲いているのを、地域の皆さんに喜んで貰えるのが、楽しみです」と話されておりました。

 

 

 

続きを読む

2016年

5月

30日

塚山古墳群の除草作業実施

 塚山古墳愛護会(木村精輔会長)は5月29日(日)朝8時から12時の間、本年度第1回塚山古墳群の西と南の古墳の除草作業を実施しました。気温30度近い炎天下の作業でしたが、若松原中学校(小倉克則副校長他教師3名生徒23名)の若い力と宇都宮市教育委員会文化課の近藤先生の応援を得てほぼ予定通り作業を終えることが出来ました。参加した生徒たちは「緑の中で働くのは楽しい」「地元の貴重な文化財を後世に伝える作業の手伝いが出来て良かった」と感想を述べていました。作業を終えて役員心づくしの豚汁や差し入れのおにぎりや漬物で疲れを癒しました。

続きを読む

2016年

5月

30日

雀宮地区自治会対抗春季ソフトボール大会

5月29日グリーンパーク茂原グラウンドにおいて雀宮地区体育協会「春季ソフトボール大会」がありました。

参加チームは茂原団地、高砂北、さつき、針ヶ谷上坪、シルバー大OBの5チームでトーナメント戦(抽選により針ヶ谷上坪が不戦勝)で行われ優勝は高砂北自治会チームでした。

高砂北1-0さつき シルバー大OB11-9茂原団地 シルバー大OB8-7針ヶ谷上坪

さつき10-7茂原団地

優勝決定戦 高砂北10-0シルバ大OB

続きを読む

2016年

5月

29日

28年雀宮地区体協第1回グラウンド・ゴルフ大会

5月28日雀宮体育館グラウンドにおいて雀宮地区内自治会会員148名が参加して行われました。

雀宮地区自治会連合会長、雀宮地区体育協会長が始球式を行い競技が開始された。

1~3位の者に賞状と賞品、4位~10位の者に賞品を85歳以上の者(14名)に健康賞を最高齢者(90歳)に特別賞の賞品、全員に参加賞を最後に恒例のお楽しみ抽選会が行われ、ほぼ全員がなにがしかの品物をいただき散会した。

 

     成績(3ラウンド)結果

 

  優 勝 松田一郎(中島町) 49打

  準優勝 田村俊男(下 原) 51打(ホールインワン3)

  3 位 高尾憲弘(さつき) 51打(ホールインワン2)

  4位小高真理子(52) 5位淀野正義(53) 6位田崎八重子(54)

  7位亀田光三(54) 8位武藤武彦(56) 9位杉山良夫(56)

  10位小野寺千代子(56)

 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

25日

宇都宮市消防団雀宮分団 消防操法大会激励会

 平成28年5月25日,若松原中学校校庭で,宇都宮市南消防署の署員を迎え,6月11日に行われる宇都宮市消防操法大会(屋板運動公園)へ出場する団員の激励会が開催されました。大会では日頃の訓練の成果を充分発揮できるよう,心から応援いたします!

2016年

5月

21日

雀老連歩け歩け大会

 新緑の風薫る5月21日(土)雀宮地区老人クラブ連絡協議会(関原達郎会長)主催の「歩け歩け大会」が雀宮東部の田植えを終えたばかりの田園地帯を舞台に開催されました。大半が80歳を超える185名の参加者は入念な準備運動をして各々の気力体力に合わせて4キロか6キロコースに挑み、最後まで頑張りました。予定時間内に無事ゴールインし、準備された弁当を食べた後、今度は童心に帰り、抽選会の商品に一喜一憂しながら楽しいひと時を過ごしました。

続きを読む

2016年

5月

11日

5月10日雀宮東小「田植え」

生活科及び総合的な学習の時間等に位置付け、PTAや地域の皆さん(のみどり隊)の支援をいただきながら、本校の特色ある教育活動の一環として行われています。

体育館にて校長先生の話、児童代表挨拶、作文朗読、PTA代表挨拶等田植え集会を行たあと、学校西側の「のみどり農園」でのみどり隊の役員から田植えの仕方について説明がありました、1校時は3年生・4年生が,2校時には1年生に6年生が田んぼでの歩き方、植え方を教えながら行い、3校時には5年生が2年生と田植えを行いました。

給食時には体育館で全児童が縦割り班ごとに輪になってPTAが用意した昨年採れたお米の赤飯を食べて「さなぶり」を行いました、子どもたちは種まきから田植えをみんなで助け合い協力しながら行ったことを喜び、これまで準備等協力いただいたPTA・のみどり隊のみなさんにお礼と感謝の気持ちを持つとともに、田の神様に今年も豊作でありますようお願いしていました。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

06日

こどもの日に「レンゲ祭り」開催

 五月晴れのこどもの日、咲きそろった下反町のレンゲ畑で「雀宮むらづくり推進協議会(篠崎和一会長)」主催のレンゲ祭りが、今年も多くの地域住民の参加を得て盛大に催されました。参加者には「赤飯・豚汁」が振る舞われ、加えて子供達には「宝探し、ビンゴゲーム、クイズ」等のお愉しみゲームが企画されていたので、お菓子等景品を手にした子供の歓声が会場周辺にまで響きました。幼児は自分の顔位大きな綿あめを手にして大はしゃぎ。会場の一角では、参加したお年寄りが孫たちに「私たちが子供のころにはレンゲの花はどこの田んぼにも植えられていて、緑肥といってお米のなる木(稲)の肥料にしたのだよ」と教えているのを耳にしました。

続きを読む

2016年

4月

26日

雀宮に新しい息吹を!「夜祭/ハル」 開催

4月23日(土)午後3時から9時の間、「群雀(むらすずめ)プロジェクト」(篠崎崇博代表)の主催の「夜祭|ハル」が広くなったJR雀宮駅から国道4号線に通じる道沿いの一角を使って開催されました。たくさんの人たちで賑わう会場には2つの演台を囲むように、多くの椅子とテーブルが用意され、歌やバンドの演奏が次から次にバトンタッチ、周囲に並んだオシャレな屋台で求めた飲み物や食べ物を食べながら観客は大いに盛り上がりました。辺りが暗くなった7時少し前、シンボルツリーの周りに点灯されたたくさんのキャンドルを覆っていた幕が一気に外された時には歓声が沸き上がりました。

 故郷、わがまち雀宮を愛し、もっと豊かに、もっと楽しい街として賑わってほしいと願う若い人々が集まり【群雀プロジェクト】が誕生しました。「夜祭」は今後も年に2回春と秋に開催される予定です。

続きを読む

2016年

4月

25日

「子どもフェスティバル」宇都宮市立南図書館で開催!

4月24日(日)宇都宮市立南図書館恒例の子どもフェスティバルがありました。

小学4~6年生20人が「本の貸し出し体験」を、図書館クイズラリーに約400名が挑戦。「お話のへや」では読み聞かせをボランティアの皆さんが、小さい子向けと小学生に分けて、午前と午後2回ずつ行い「会議室」では折り紙友の会の皆さんが、折り紙教室を午前と午後「おやこざる・おしゃべりさん」折り紙に挑戦。「サザンクロスホール」では、午前中「赤ちゃんから楽しめる音楽会」を吹奏楽団マーキュリーバンドの皆さんが、演奏の合間に楽器の紹介を交えながら楽しい音楽会を。午後は自転車で発電体験、ネーチャークラフト作り、健康クイズ、昔遊び工作「紙コップで作るちょうちんぶんぶん」「みなみちゃん、ミヤリー、とちまるくん」との記念撮影会があり「ギャラリー」ではおすすめ本の書評合戦「ビブリオバトル」が行われ、南回廊では夏の日差しを遮る「アサガオ」の種まき体験が東側芝生広場では「わくわくグルメ模擬店」「バルーンパフォーマンス」「お茶会」が終日おこなわれ大勢の親子が楽しんでいました。

続きを読む

2016年

4月

18日

雀宮地区文化交流会

4月17日、南図書館サザンクロスホールに於いて、雀宮地区文化交流会主催の「詩吟・民謡・舞踊・フラダンス」の発表会が開催されました。年配の方も多く出演されていましたが、ひとたび舞台に立つと張りのある声量や優雅な身のこなしで日ごろの厳しいおさらいの成果をいかんなく披露し、詰めかけた観客の温かい声援を受けていました。また、「民謡日本一記録保持者」の鈴木久弘さんがゲスト出演し、箱根馬子唄など3曲を披露され、その美声に交流会が一段と盛り上がりました。

続きを読む

2016年

4月

16日

国指定史跡(上神主・茂原官衙遺跡)に待望の看板設置

宇都宮市茂原と上三川町上神主にまたがる国指定史跡「上神主・茂原官衙遺跡」を示す看板がこのほど史跡入口付近に設置されました。従来、現地は雑草が生い茂り案内標識も無く、訪れた人々を困惑させていました。この度、雑草も刈り取られ、立派な案内看板が設置されました。今後は国指定の史跡として後世に伝える役目を果たすことでしょう。

続きを読む

2016年

4月

04日

陸上自衛隊宇都宮駐屯地創立66周年記念祭

4月3日(日)陸上自衛隊宇都宮駐屯地創立66周年記念祭が桜花爛漫の駐屯地を開放して盛大に開催されました。花曇りの天候でしたが、駐屯地には朝早くから約6千人の市民が訪れ、終日にぎわいました。記念式典に続き、駐屯地各種部隊の観閲行進があり、次いで普通科、特科、施設科、ヘリ部隊協同による陣地奪回を想定した模擬戦が披露されました。そのほか会場内には模擬店、武器展示、野点などのコーナーもあり、中でも特殊車両の体験搭乗には長蛇の列が出来ていました。日頃駐屯地に入ることが出来ない一般市民も見ごろになった桜の下、ピクニック気分で楽しい休日を過ごすことが出来ました。

続きを読む

2016年

3月

15日

雀宮地区防災会 防災訓練実施

昨年9月北関東を襲った豪雨の際、雀宮地域の東部を流れる「田川」や西部を流れる「姿川」が増水しました。東部では田川が増水したため流域の水が田川に流入出来ず、その水が下反町地区に流れ込み、一部で避難騒ぎが起きました。身近に起きた災害です。災害の発生は場所、内容、規模などは予測できません。いざという時何をすべきか、何ができるかには備えが必要です。雀宮地区防災会は3月13日(日)雀宮地区市民センターにおいて各自治会、団体からと雀宮中学校の生徒60名余が参加して防災訓練を実施しました。参加者は2グループに分かれて、応急救護・初期消火・救出救護・消火器の取り扱い方・起震車地震及び煙道体験、給食給水などを体験し、宇都宮南消防署による水防工法、雀宮消防団によるポンプ車操法、放水の展示を見学、多くの事項について体験、学びいざという時の糧にしました。

続きを読む

2016年

3月

06日

郷土史研究会、講師を招き勉強会

雀宮郷土史研究会(吉田達男会長)は3月5日(土)市民センター学習室に県立宇都宮南高校校長、上野修一先生を講師に迎え、勉強会を開きました。上野先生は南高校に赴任されて以来「宇南アカデミー」や南図書館での歴史講座等で、地元雀宮地域の歴史について豊富な知識を披露されておられます。今回は趣を変えて、先生が栃木県立博物館に在職された時実施された「3D計測」についての講話をしていただきました。「3D計測」とは観察者から立体的に見える映像を作成する技術です。例えば、塩谷町の佐貫観音のような磨崖仏は長年の経年変化で肉眼では判別困難な状況にありますが、「3D計測」画像で見ると鮮明に見ることができます。古墳などの発掘調査でも従来の人力調査では測量に多くの人力と時間が必要でしたが、「3D計測」の技術を使えば少ない労力で立体図面の作成が可能になったそうです。

続きを読む

2016年

2月

22日

わがまち雀宮を考えるワークショップ開催

2月20日(土)、雀宮地区まちづくり推進協議会と宇都宮市雀宮学習センターの共催で、「雀宮地区の未来の姿を話し会おう」と雀宮を考えるワークショップが開催され、主催者の募集に応じた一般市民30名が参加、前段はマイクロバスで地域内を巡り雀宮の良さを確認、後段は市民センター大ホールにおいて、5つのグループに分かれ、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワークの代表理事(岩井俊宗氏)の進行で討議開始し、同氏から適宜適切なアドバイスを受けつつ、各グループごとに「雀宮のよいところ」「これから望むまちの姿や夢」について、熱心に討議し内容を集約して各グループのリーダーが発表しました。

各グループとも建設的な意見が続出し、初回としては大変有意義な会となりました。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

17日

JR雀宮駅待合室に待望のベンチ(宇工生徒が製作)

躍進を続ける「わがまち雀宮」の玄関、JR雀宮駅舎は平成24年に生まれ変わって以来、多くの人が利用しておりますが、改札口周辺にベンチが無くて、利用者、特に高齢者は不便を感じていました。駅の中といえども渡り廊下の部分は宇都宮市の公道のため、宇都宮市が駅前にある宇都宮工業高校にベンチの製作を依頼、建築デザイン科の生徒が課題研究授業の時間に卒業作品として製作を始め、オシャレな木製ベンチ8基が完成しました。2月15日(月)11時から雀宮駅に於いて宇都宮市長立会いの下、高校から宇都宮市に引き渡され、待ち受けた市民に披露されました。今までは、駅に集合して旅に出るお年寄りのグループは早く来ても休むところがないため、ぎりぎりに来て慌てる人もいましたが、これからはそのようなことは無くなるでしょう。

続きを読む

2016年

2月

16日

第15回ちゅんちゅん子どもフェスタ開催

悪天候が予想された2月14日(日)雀宮地区の自治会連合会・青少年育成会」主催のちゅんちゅん子どもフェスタ」が開催されました。幸い昼前には雨も上がり、各学校の生徒の演技や演奏、育成会の保護者による模擬店、ゲームコーナーはたくさんの子供たち、保護者で賑わいました。大きな節目である「入学・進級・卒業・進学」を目前に開かれた「ちゅんちゅん子どもフェスタ」は子供達が目指す未来を明るいものにしたい親たちの思いのこもった、趣向を凝らしたお祭りでした。

続きを読む

2016年

2月

13日

ちゅんちゅんさわやかスポーツクラブ・雀宮設立1周年記念大会開催

1月17日(日)雀宮体育館及び市民センター南館において「ちゅんちゅんさわやかスポーツクラブ・雀宮創立1周年記念大会」が開催されました。昨年1月発足以来、関係者の熱心な啓発活動等により、地域住民の間にも会の目的が広く知られるようになり、各種目とも参加者が徐々に増えております。会場の一角では本会を盛り上げるべく婦人会の「ちゅんなべ」が振る舞われました。これからもさらに住民の皆様に知っていただき、幅広い参加を呼びかける努力が必要と考えられます。

     本会の目指す目的

◎いつでも、どこでも、誰でも生涯にわたって行え  るクラブ

◎生活の充実、素晴らしい人間性の形成、多くの交流の場を作るクラブ

◎スポーツ・文化の振興を通して明るく元気な社会づくりに貢献するクラブ

 

続きを読む

2016年

1月

21日

地域伝統行事を継承する雀宮東小「どんど焼き」

「どんど焼き」は生活科及び総合的な学習時間等に位置付け、PTAや地域の皆さんの支援をいただきながら、本校の特色ある教育活動の一環として、全校児童が4月に「種まき」5月「田植え」10月「稲刈り・脱穀」を行い、「のみどり活動」最後の伝統行事でである「どんど焼き」を1月9日PTAの皆さんが「やぐら」の材料とまゆ玉をつける「みず木」を地域内から集め校庭に大きな「やぐら」を作った。

 1月15日午前中、学年ごとに、のみどり農園で採れたもち米で「まゆ玉」を作り、午後6時30分学校代表、PTA代表、児童代表が点火した。

 今年は例年より地域の皆さんから、正月飾り等の持ち込みが多く、盛大などんど焼きとなった。地域内外から大勢の人たちが1年間の無病息災を願って「まゆ玉」を火にかざしていた。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

20日

茂原観音の縁日行事

 1月18日(月)茂原観音の縁日に当たり、本院石橋の開運時のお住職さんによって護摩供養(釜に火を焚いて中に供物を投げ入れてご本尊を供養し、その加護を願う儀式)が厳かに執り行われました。あいにくの悪天候で参拝者は少な目でしたが、それぞれが家内安全・開運厄除・病気平癒など有難いご加護を頂きました。

続きを読む

2016年

1月

14日

針ヶ谷上坪どんど焼き

針ヶ谷上坪文化財保存会、子供会育成会が1月10日熊野神社西の田んぼにおいて「どんど焼き」が行われました。やぐらは保存会有志の方が、昨年末に当地区梨農家から提供された梨の剪定枝を材料に青竹で巧みにやくらを組み、当日は午前中から上坪公民館で子ども達と「どんど焼き」の由来等話しながら米粉で繭玉を作り、午後になると町内の人たちが正月飾りを持ち込みやぐらの中に入れて午後5時年男が点火して始った。町内の人たちは三々五々集まり正月飾りの炊き上げで繭玉を焼き食べて1年間の無病息災を願っていた。繭玉には黄色のやま繭(黄金の糸)もあった。

続きを読む

2016年

1月

13日

新たな門出へ地区でお祝い 雀宮中学校区成人式開催

 雀宮中学校区成人式(矢口剛士委員長)が、1月10日二荒山会館で開催されました。

 式には157名の新成人が出席し、佐藤市長のビデオメッセージ・来賓の挨拶の後に,新成人代表の藤井祐希さん,藤田晃輔さんが新成人の誓いとして力強い抱負を述べ,家族や恩師をはじめ地域の皆さんへの感謝の気持ちを伝えました。

 式典後は新成人を応援する地元企業・団体の協賛により地域交流事業を行い,恩師の先生によるサプライズ動画に,新成人の皆さんは思い出話を咲かせました。

 新成人のみなさん,おめでとうございます!

0 コメント

2015年

12月

21日

年の瀬を迎えて「暮れ市」開催

 雀宮商工会(高橋行男会長)主催で、発足から43年間続いている伝統ある雀宮地域の「暮れ市(露天市)」が12月20日(日)、今年も賑やかに開催されました。

 雀宮市民センター周辺の道路を歩行者天国にした会場には、威勢のいい掛け声の福ダルマ売りの店、駄菓子、おもちゃ、食べ物などの露天、地元農家の新鮮野菜の店のほかフリーマーケットも並び、商品を求める大勢の人々で賑わいました。

続きを読む

2015年

12月

06日

第6回雀宮ちゅんちゅんウォーク

 すっかり地域の初冬の恒例行事に定着した、「雀宮ちゅんちゅんウォーク」が好天の下12月6日(日)に開催されました。今回は、線路の東側を歩く3km、6km、15kmに加え参加者のアンケートで要望の多かった西部地区を歩くコース(10km)も新設され、参加者は1400名余、スタッフは300名余と過去最大の大会となりました。参加者は各々、体力や気力に合わせコースを選び、我こそは本日の主役とばかり張り切って出発していきました。

 当地域は宇都宮市の文化発祥の地と言われるほど、旧石器時代から奈良・平安時代にわたる遺跡や古墳などが随所に存在しており、この大会に参加することで、普段見過ごしている沿道の文化財を知る機会にもなると思います。

 ゴールには11時頃には参加者が到着し始め、主催者心づくしの「ちゅんなべ」やお弁当を食べた後、式典、と協賛事業所提供の豪華賞品が当たる抽選会が行われました。

大会で撮影した写真は「雀宮ちゅんちゅんウォーク」のページに掲載してあります。

 

 

 

2015年

12月

01日

第42回雀宮地域文化祭・収穫祭

 雀宮地区文化祭・収穫祭は、11月7・8日に行われました。今年も地域の方々の日頃の成果が展示、発表されました。8日は雨で来場者が少ないのではと心配されましたが、例年どおり多くの方々が訪れ、展示作品を見たり、買い物をしたりして楽しんでいました。予定されていた屋外のアトラクションは、中止になったものもありましたが、場所を市民センターロビーに移したり、急遽増設したテントの下で披露したり、南高等学校の吹奏楽部のように雨にも負けず演奏したチームもありました。今回も雀宮中学校の生徒たちがボランティアとして加わり会場を盛り上げました。

続きを読む

2015年

11月

30日

わが故郷の歴史を探して史跡巡り

11月7日~8日に開催された地域文化祭・収穫祭で毎年好評のイベント・郷土史研究会担当の「史跡巡り」、今年のコースは、雀宮地域の北東部「上御田~中島~下反町」の古墳、遺跡、神社や江戸時代の庄屋屋敷などで、当日は氷雨降るあいにくの天候にも拘らず、40余名の市民が参加して、7キロ余のコースを熱心に勉強して回りました。また、途中では上御田・田町与橋の名前の由来、改修以前の蛇行していた田川の様子の説明に、住む街の古を知ることが出来ました。

続きを読む

2015年

11月

23日

市民スポーツ大会でGゴルフ優勝

第53回宇都宮市民スポーツ大会が9月26日(土)~11月8日(日)の日曜日延べ5日間(11月8日は雨天により中止)市体育館ほか13会場に於いて14競技19種目に39地区4,280人が参加し熱戦を繰り広げられた。

雀宮地区では軟式野球、ソフトテニス、卓球、弓道、ソフトボール(実年男子)サッカー、バスケットボール(女子)グランドゴルフゴルフ(60歳以上)の8競技に参加しGゴルフ60歳以上の部33地区代表チーム(監督を含めて7名)で3ゲーム(24ホールストロークプレイで行わ合計440打で2年ぶりに「優勝」しました。総合優勝は豊郷地区、準優勝清原地区、第3位横川地区、雀宮地区は13位でした。

関係役員と選手の皆様ご苦労様でした。


続きを読む

2015年

11月

02日

雀宮中学校文化祭

 10月31日(土)雀宮中学校で文化祭が開かれました。今年のスローガンは~咲き誇れ 友との絆 響きあえ 僕らの歌よ~ です。午前中のクラス対抗の合唱コンクールを見学してきましたが、スローガンに謳われているいるように、どのクラスも一丸となって練習を重ねてきたことが見て取れ、その真剣な姿と、歌声に目頭が熱くなりました。演奏は2年、1年、休憩を挟んで3年の順番でしたが、3年生は休憩時間も集まり、練習をしていました。

 会場には肌寒い天候にも拘らず大勢の人が合唱を聞きに訪れていました。

 審査員には宇都宮高校から先生を招き、結果は閉会式で発表だそうですが、全クラスに努力賞が授与されると良いと思いました。。

続きを読む

2015年

10月

30日

コスモスまつり「田川フラワーロド」雀宮 河川愛護会

「田川フラワーロード」雀宮 河川愛護会(尾嶋章市会長)は、10月24日(土)尾嶋造園ライスセンター(下反町町)にて、第14回コスモスまつりを開催しました。 気持ちの良い秋晴れの中、会場周辺にはピンク・エンジ・オレンジ・レモンイエローの色とりどりのコスモスが華やかに会場を彩っていました。また、愛情のこもった「すいとんのお振る舞い」や焼きそばなど、秋の味覚いっぱいの美味しいものがたくさん用意されており、訪れた人たちは笑顔で舌鼓を打っていました。大勢集まった子どもたちは、金魚すくいやヨーヨー釣りに大喜び!そのほか、歌謡ショーや手品ショーなどステージイベントも盛りだくさんで、皆さんさわやかな秋の楽しい一日を大満足で過ごしていました。

続きを読む

2015年

10月

27日

雀宮中央小学校秋季大運動会

 晴天に恵まれた10月24日(土)宇都宮市立雀宮中央小学校(鶴見行雄校長・児童数580余名)の秋季大運動会が「かけぬけろ 勝利の道は すぐそこだ」をスローガンに、多くの保護者が見守る中、盛大に催されました。学校用地の南側を走る県道羽牛田線の拡張工事で校庭が狭くなり運動会に支障が出るかと危惧しましたが、元気いっぱいの児童たちはそのハンディーをものともせず、日頃の練習の成果を十二分に発揮して演技し、詰めかけた参観者に感銘を与えてくれました。

続きを読む

2015年

10月

27日

宇南アカデミー2015(宇都宮南高校「公開講座」)

県立宇都宮南高校では本年度、「公開講座」が学生、保護者、一般人を対象に19講座が開催されます。19講座のうち雀宮地域に密着した内容のものが全部で6回組まれていましたが、既に4回は好評のうちに終了しました。今後は、11月14日に「雀宮地域の水運」、11月28日に「雀宮地域の郷土芸能」が予定されています。自分が住む街、雀宮の歴史を学ぶ絶好の機会です。この機を逃さず、残る講座を受講してはいかがでしょうか。その他にも料理、健康などに関する講座が来年2月まで計画されています。詳細は宇都宮南高校(☎028-653-2081)です。

続きを読む

2015年

10月

23日

楽しかった青少年育成会体験活動!!!

雀宮地区青少年育成会(佐久間昇平会長)は、10月18日(日)野外活動体験会を開催しました。育成会のメンバーで総勢50名参加しました。芳賀青年の家から西明寺大門コースを歩き、途中で輪投げをし完走後は、タイムと輪投げの点数の合計で良かったチームには、芳賀青年の家より頂いた特製のメダルを表彰式で手渡されました。午後からは、地元の「陶苑」で茶碗に絵付け体験をしました。皆さんオリジナルの絵付けが出来て、非常に楽しかったと話されてました。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

09日

秋空高くパワー全開「雀老連」

 雀宮地区老人連合会(関原達郎会長)は10月7日、雀宮体育館グラウンドにて、地元老人会25団体の参加を得て、高齢者スポーツ大会を盛大に開催しました。当日は雲一つない晴天に恵まれ、会場には童心に帰った600名余の人々が集いました。最高齢の雀宮上町老人会の増渕マキさんは90歳で元気に玉入れ競技に出場し、懸命に玉を投げておられました。競技は13種目でいずれも創意を凝らしてあって、参加意欲が掻き立てられ、出場する人も見る人も楽しい大会でした。また有志による雀宮音頭の踊りやフラダンスが会場を一段と盛り上げました。

続きを読む

2015年

10月

06日

秋晴れの下 雀宮地区健康・福祉まつり開催 

雀宮地区健康・福祉まつり実行委員会(鹿熊忠治)は10月4日(日)雀宮地区市民センターにて、地域の子どもから高齢者までの健常者と障がい者が一堂に集い、健康づくりや福祉活動について、体験を通じて学び、支え会う心を育てることを目的に「雀宮地区健康・福祉まつり」を開催しました。

今年度は、雀宮中学校の生徒22名がボランティアとして各コーナーで来場者を案内するなど、若い力と素敵な笑顔でまつりを活気づけていただきました。気持ちの良い秋晴れの中、ふれあい広場では、おはやし・元気体操

対極拳・雀宮音頭・手話コーラス・ダンスなど元気はつらつの演技や発表があり、お客様も一緒に参加して盛り上がりました。また、模擬店や物品販売・バザーコーナーも多くのお客様で賑わっていました。

屋内では、福祉・介護関係の展示・各種相談コーナー・高齢者の作品展・小中学生の書道展のほか・健康チェックや骨密度測定などに多くの方が訪れ、健康や福祉について理解を深めていました。

続きを読む

2015年

10月

01日

秋の交通安全県民総ぐるみ運動 雀宮地区交通安全協会


雀宮地区交通安全協会(横野登代子会長)は、秋の交通安全県民総ぐるみ運動として9月20日(月)から30日(水)までの10日間、「マナーアップ!あなたが主役です」をスロルーガンに交通安全街頭指導及び啓発活動を実施しました。9月24日(木)の交通安全啓発活動の初日は、朝7時30分から8時30分まで、日の出五差路・東谷十字路・安塚街道十字路において、交通安全関係機関団体や小中学校関係者等が街頭の立ち、ドライバーに交通安全を呼びかけました。






続きを読む

2015年

9月

14日

長寿を祝い、永年の社会貢献に感謝する「敬老会」

雀宮地区社会福祉協議会(鹿熊忠治会長)は9月12日(土)南図書館サザンクロスホールにて、本年度の「敬老会」を開催しました。雀宮地区内の75歳以上の高齢者は4000名余(総人口の10%)、そのうち自治会推薦189名の方を招き、盛大にお祝いしました。

 式は初めに阿部市民センター長が、内閣総理大臣及び栃木県知事からの祝詞、記念品を100歳となられた長寿者5名(男性1名、女性4名)の方々に伝達しました。(当日、本人出席2名・代理3名)今年、100歳になられた方は山口セイ(雀宮下町)、荒井タカ(宮内)、中島勝江(高砂西友)、浅野浩二(茂原団地)三島シズエ(はりがやホーム)の皆さまです。

 ついで、佐藤宇都宮市長他来賓代表、児童代表、中央小学校小川さんの祝辞、感謝の言葉があり、これに対し招待者を代表して上町長寿会、塩田会長が謝辞を述べ、第1部終了。第2部は宇都宮シルバーアンサンブルの演奏「悠々コンサート」で郷愁を誘う数々のメロディーを口ずさみ、終了しました。各自治会毎のお祝い会は後日実施されます。

続きを読む